平成28年度冬季企画展
徳島市の遺跡Ⅲ
徳島藩主蜂須賀家墓所(万年山墓所)

徳島市のランドマークでもある眉山の北麓に、江戸時代に徳島を治めた蜂須賀家の歴代藩主とその家族を埋葬した墓所があります。
この墓所は儒学に深く傾倒した10代藩主蜂須賀重喜が、それまで興源寺に建立されていた仏式の墓所に代わり、儒教にのっとった墓所を建立するために拓いたものでした。重喜が拓いた墓所の一帯を万年山と名付けたことから、現在では万年山墓所と呼ばれています。
万年山墓所は地震の影響や戦後の混乱により荒廃した時期もありましたが、現在国の史跡に指定され、整備が進められています。
本企画展では、これまでの整備に伴う調査などで出土した資料などから、蜂須賀家万年山墓所の紹介をおこないます。

 

会期

平成29(2017)年1月21日(土曜日)~3月12日(日曜日)

 

開館時間

9:30~17:00

※入館は16:30までにお願いします。

 

会期中の休館日

<1月>
 23日(月曜日)、30日(月曜日)

<2月>
 6日(月曜日)、13日(月曜日)、20日(月曜日)、27日(月曜日)

<3月>
 6日(月曜日)

 

場所

徳島市立考古資料館 展示室
(徳島市国府町西矢野字奥谷10‐1)

 

観覧・入館料

無料

 

主な展示資料

  • 墓碑拓影
  • 瓦磚
  • 墓部材 等

冬季企画展チラシ