徳島市立考古資料館

共動研究員

徳島市内には地域のあちらこちらに数多くの古いものが残されています。
一見無価値に見えるような古いものでも、情報を集めて整理していくと思いがけない価値が見えてくるものもあります。
また、今は由緒や由来が伝えられているものであっても、時代が経つにつれてそれらの情報が忘れ去られてしまい、よくわからないものになってしまう恐れがあるものも存在します。
共動研究員の活動では、このようなこれまであまり注目されなかったような、地域に残る歴史的資料を調べて整理し公開する作業をおこなっています。
これらの作業を通して、共動研究員が古くて新しい徳島市の魅力を発信する中心になることを目標としています。

活動内容

共動研究員活動風景

共同研究員は平成28(2016)年から活動を開始しました。現在のメンバーは6人で、徳島市内に残る石造物を調べ、記録する作業をおこなっています。
記録した石造物のデータは、整理したのち、データベースとして公開する予定であるとともに、2020年度の冬季企画展で成果を発表することを目標に取り組んでいます。

共動研究に参加したい方

現在、共動研究員の第2期を募集しています。
対象は中学生以上の方です。
電話または考古資料館の事務室までお申し込みください。
※昨年度申し込まれた方は今年度申し込む必要はありません。