展示のご案内

常設展示

縄文時代から平安時代頃の徳島市の様子がわかるように、市内の遺跡から出土した遺物や複製品、模型約700点を展示しています。

 

平成28年度企画展

資料館所蔵の資料を中心にテーマを設定して、夏休み期間中に夏季企画展、年明けからは冬季企画展を開催しています。

夏季企画展「ナゾとき考古学3」(終了しました)

会期:平成28年7月20日~9月4日
主に小学生とその保護者を対象に出題形式の展示を行います。展示資料の見学と課題をクリアすることで、考古学の面白さを感じていただけるようにしています。

※詳細は、夏季企画展のページをご覧ください。

冬季企画展「徳島市の遺跡Ⅲ 阿波藩蜂須賀家墓所」

会期:平成29年1月21日~3月12日
徳島市内の遺跡を取り上げて紹介するシリーズの第3回目。今回は江戸時代に徳島を治めていた阿波藩蜂須賀家の墓所について紹介します。

※詳細については、会期が近づき次第別途夏季企画展のページにてご案内いたします。


平成28年度特別企画展

年に1回、秋頃に開催します。資料館所蔵の資料とあわせて、他の展示施設が所蔵する資料を借り受けて、テーマを設けて展示を行います。
「刀剣の考古学」(平成28年9月17日~11月23日)

※詳細については、特別企画展のページをご覧ください。