徳島市立考古資料館ロゴ

とくしま好古楽倶楽部 第9回 和凧をつくって揚げてみよう

とくしま好古楽倶楽部、第9回は和凧づくりに挑戦します。

日本のお正月の空を飾る凧。最近はすっかり見なくなりましたね。
凧は2000年以上前に中国で発明されたといわれています。当時は娯楽として飛ばしていたのではなく、戦争の時の合図など軍事的な指示の伝達に用いられていました。
日本には平安時代には伝わっていたことが当時の文献からわかっています。江戸時代になると江戸のでは町人たちが盛んに凧を飛ばすようになり、幕府からたびたび凧あげ禁止のお触れが出ていたようです。

凧の絵を描く 

丈夫な和紙にペンなどを使って絵を描きます。

凧の骨を貼る 

絵が描けたら、絵を描いた和紙の裏側に竹ひごを組んで貼り付けていきます。

糸を張って完成した凧 

竹ひごが張り付いたら、糸を張って凧を反らせます。

空を舞う凧 

風にのってうまく舞い上がりました。

ところで、凧って昔は「イカ」って呼ばれていたの知っていますか?確かに凧の下につく2本の長い足を見ると「イカ」の方が正しいような...
どうして「イカ」から「タコ」になったのか、その意外な歴史についても学習会でお話しします。

学習会の詳細について

開催日時

令和4(2021)年1月9日(日) 
午後1時から午後4時まで
  活動の進捗具合をみて、午後3時ごろに自由解散する予定です。

申し込み方法

令和3(2021)年12月1日(水)から申し込み受付を開始します。
考古資料館の開館時間中(9:30~17:00)に考古資料館事務室へ直接又は電話にてお申し込みください。
電話番号:088-637-2526

対象・定員

小学生以上の方20名 (定員に達し次第募集を終了します。)
新型コロナウイルス感染予防のため、今年度のとくしま好古楽倶楽部は事前に参加申し込まれた方のみ会場へ入室できます。参加を申し込まれていない保護者の方も入室できませんので、ご了解ください。

参加費・材料費

全て無料

お願い

新型コロナウイルス感染予防のため、研修室には保護者であっても参加申し込みをされていない方の入室はできません。(入室を希望される保護者の方は参加申し込みをしてください。)
当日はマスク着用でご参加をお願いしています。37.5℃以上の熱がある場合は参加をお控えください。