徳島市立考古資料館

常設展示が新しくなりました

リニューアルした展示室

考古資料館の開館から20年がたち、この度常設展示室の展示をリニューアルしました。

朱が付着した石杵

弥生時代のコーナーでは朱の生産に関連した石杵が加わりました。

渋野丸山古墳の円筒埴輪がずらり

古墳時代のコーナーには渋野丸山古墳から出土した様々な種類の埴輪が並びボリュームアップ。奈良・平安時代のコーナーでは官人たちが使用したと思われる様々な種類の土器が追加されました。さらに、これまで平安時代で終わっていた展示に一宮城跡から出土した資料などの中世の考古資料が新たに加わりました。

一宮城跡の現況模型

内容も一新した解説や写真パネル、考古資料館ボランティアが製作した渋野丸山古墳や一宮城跡の模型も展示しています。
新しくなった考古資料館の展示室で皆さんのご来館をお待ちしています。

常設展示の解説をおこないます

常設展示について学芸員による解説を毎月おこないます。
  4月29日(木・祝) 中止 5月4日(火・祝) 6月19日(土) 7月22日(木・祝) 8月13日(金) 9月29日(水)
  10月15日(金) 11月9日(火) 12月16日(木) 1月10日(月・祝) 2月11日(金・祝) 3月6日(日)
   常設展示リニューアル展示解説会のお知らせ←クリックしてダウンロード

ご要望に応じて個別の解説にも対応しています。
 業務の都合上対応できない場合がございます。
 団体見学などでご要望の方は前日までに連絡していただいた方が確実です。

常設展示に関する疑問についてお答えします

常設展示をご覧になって何に使ったのか、どのように使ったのか分からない展示資料がありませんでしたか?展示室に質問ポストを設置していますので、質問を記入して投函してください。質問へのお答えは1週間以内に展示室に貼りだす形で回答します。
今すぐ知りたいという方は事務室までお越しください。

※展示に直接関係の無い質問についてはお答えいたしかねる場合がございます。